2017年 12月 14日
協調と共存
e0273912_1826467.jpg”技術偏重、材料偏重の機械的補綴学を一歩進めて、生体の機能に合理的に適応した補綴学にまで高めていくことは、歯学に携わる人々が、長い間持ち続けてきた理想の一つであろう。補綴物が人体に装着され、その機能に関与する限り、これに対する生物学的な考慮は当然要求されねばならない。”

補綴と生物学、その協調と共存のあり方を問い続けてきたのが火曜会の歴史なのではないかと思います。そしてインプラントという未知の新材料が、生体、あるいは従来の歯科臨床と協調し共存できるのか?といった問いへのアプローチをまとめたのが、「パーシャルデンチャー新時代」だったのではないかと思います。その功績は大きく、パーシャルデンチャーという手法が、従来の臨床とインプラントとをシームレスに繋ぐ架け橋であることが示されました。ただ著者の先生も述べられているように、当時はまだインプラント体自体の問題や経過年数といった問題を抱えている時代でもありました。

そこで発刊から10年近く経った今、改めてインプラントが(真の意味で)補綴の手法となり得たか、その問いについて考える時期に来ているのではないかと考えました。

# by nakadateshika | 2017-12-14 07:56 | 勉強会・講演会 | Comments(0)
2017年 12月 13日
見えないタイトル:インプラントは咬合崩壊の防波堤となりえたか
e0273912_1271890.jpg昨日の火曜会は、特集企画の会でした。
「タイトルが、よく見えないんだけど」

開始直前にご指摘があり慌てて黒文字に変更したのですが、昨日の反省点はその一言に集約されていたように思います。企画案を作った時から、その長さや、「崩壊」と「防波堤」という言葉の関係性に座りの悪さを感じてはいたのですが、結局そのままになっていました。

ブログタイトルもなるべく短く簡潔に!を意識していますが、この記事タイトルは恐らく最長だと思います。タイトルはブログの「顔」と言いますが、プレゼンでもそれは同じです。「咬合崩壊」とは何か?「防波堤」とは何か?もっと煮詰めて考えておけば、素晴らしい症例の数々をもっと活かすことができたのに、、、と大いに反省している次第です。

# by nakadateshika | 2017-12-13 12:07 | 勉強会・講演会 | Comments(0)
2017年 11月 20日
新潟よいとこ
e0273912_874387.jpg e0273912_192475.jpg e0273912_810919.jpge0273912_13283664.jpg先週末は、来年のもくあみ会に向けた予演会(打合せ)に参加しました。

前夜祭では、会員の先生方がこれまで歩んできた道のりをまとめ上げた、H先生渾身のプレゼンテーションが披露されました。1時間弱はあったのではないかと思いますが、たくさんの写真とそれに纏わる多彩なストーリーとが相まって、オードブルに箸をつけるのを忘れてしまうぐらい、面白かったです。

その後ホテルにほど近い居酒屋で懇親会となり、ご厚意でノドグロ姿焼を頂きました。隣のS田先生は「東京だったら1万はくだらないな!」と本当か嘘か分からないことを何度も呟いていましたが、その味に嘘はなく空腹感も手伝って一瞬で平らげてしまいました。来年のもくあみ会に参加される先生方にも、是非ご堪能いただきたい逸品です!

その翌日、本会は新潟県歯科医師会館で行われました。夏にもお邪魔しましたが今回は更に大きな会場となり、備え付けのワイドスクリーン、卓上ワイヤレスマイク、火曜会と同じプロジェクタなど、文句のつけようがない充実した会場&設備でした。

が、プロローグからいきなり審判委員長から「物言い」が付き、雪混じりの室外同様に会場も一瞬にして凍りつきました。しかしその愛ある「物言い」を契機に活発な意見交換が交わされるようになり、徐々に会場の空気も暖まり始めました。全体テーマは「固定性と可撤性で悩む症例」ということで、その分岐点はどこにあり、その後どういった経過を辿るのかということを中心に会は進んでいきましたが、個人的にも興味深い症例が多くあっという間の一日でした。

# by nakadateshika | 2017-11-20 13:28 | 勉強会・講演会 | Comments(0)
2017年 11月 09日
残された時間
e0273912_1328154.jpg人類に残された時間は、あと100年!
稀代の天才ホーキング博士が、人類を待ち受けている未来について語る番組(コズミックフロント:ホーキングの提言)が、いよいよ今晩BSで放送されるようです。
ケースプレまでに残された時間もあと僅かですが、この番組を見逃すことはできません。

# by nakadateshika | 2017-11-09 13:31 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2017年 10月 27日
ライト・イズ・ビューティフル
e0273912_18342421.jpg手荷物軽量化のために、モバイルPCをMacBookに替えました。(結局また真似っこになってしまいましたが)本体の重さはMacBook Pro13と400g程度しか違わないものの、持った時の印象は明らかに違います。さらに、バッテリーの重さと大きさもかなり違うので泊まりがけの時(バッテリーを持参する必要がある時)には助かります。ポートが一つしかないのは玉に瑕ですが、デザイン的にもスッキリしていて美しく、とても満足しています。

”これは素朴な物語。話すのは簡単ではないけれど、童話のように悲しみがあり、童話のように驚きと幸せにあふれている。”

名画「ライフ・イズ・ビューティフル」は、このような素敵なナレーションで始まります。明日からはもぐら塾(第3回)が始まりますが、どんなストーリーが聞けるのか今からとても楽しみです。

# by nakadateshika | 2017-10-27 05:20 | パソコン・Web | Comments(0)
2017年 10月 19日
特別セミナー
e0273912_14202099.jpg昨日は、金子先生と救歯会との合同セッション(延長戦)にお邪魔しました。斉藤先生の提示症例は、いずれも前後的すれ違いの流れの中で 下顎臼歯部の顎堤が著しく吸収していたケースでした。インプラントにより機能回復(下顎義歯の安定)が得られた一方で、それでも止まらない顎堤吸収とそれに伴う患者さんの危機感の低下、そのジレンマへの葛藤が十二分に伝わってくるプレゼンテーションで、とても勉強になりました。

”水は流れたがって、とっとと走り下りていた。そのくせとまりたがりもして、たゆたい、渋り、淀み、でもまた流れていた。”

欠損の流れは川の流れに例えられることがありますが、高齢化とともにその川幅(適応力)は狭くなり、何らかの障害があると氾濫するリスクも高まります。インプラントが障害物となるのか、それとも決壊を防ぐ防波堤となるのか、その使い方・向き合い方について考えさせられるとても充実したセミナーでした。

# by nakadateshika | 2017-10-19 07:23 | 勉強会・講演会 | Comments(0)
2017年 10月 16日
地味に便利
e0273912_749398.jpg地味に便利な、優れものです。かがむ度にボールペンが落ちるのが気になっていましたが、このケースでそのストレスから解消されました。お値段は高めですが、楽天ポイントが使えたので満足です。

ちなみに昨日は楽天が勝ったので、今日はポイント2倍だそうです。楽天もヤフーも便利ではあるのですが、ポイント制度が複雑すぎてよくわかりません。。

# by nakadateshika | 2017-10-16 07:53 | Comments(0)
2017年 10月 15日
この人この道 2


対談動画シリーズ第二弾は、イーロン・マスクです。TED代表との対談は、現代版「この人この道」といった様相で、イーロン・マスクが思い描く未来予想図について熱く語られています。鈴木大拙とはその方向性はまるで違いますが、科学が持つ無限の力を信じ 地下トンネル計画、自動運転、火星移住計画へのビジョンを雄弁に語る言葉には不思議な説得力があり、最初は話半分に聞いていた自分も ついつい引き込まれてしまいました。

この国を守り抜く。日本をリセットする。。まっとうな政治。。。

ニュースを付けると選挙戦一色ですが、そこで語られている言葉にはどこかの党名にあるような”希望”は見えてきません。公約のビジョンに具体性が見えないのか、それを語る人間性の問題なのか、政治に関する知識ゼロの自分にはよくわかりませんが、少なくとも政党で判断すべき問題ではないことは確かな様な気がします。

# by nakadateshika | 2017-10-15 07:44 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2017年 10月 13日
この人 この道


鈴木大拙の動画を、たまたま見つけました。生前 テレビに出ているとは知らなかったので驚きましたが、この時なんと93歳だったそうです。わずか15分足らずという限られた時間の中に、宗教・科学・哲学のエッセンスが無限に詰め込まれていて、ものすごく深い内容でした。(ご本人もおっしゃっているように)分かったような分からない話ではありますが、その人の知識や経験、その歩んできた道のりが言葉の重みになるということを改めて感じました。今日でちょうど40歳になりましたが、口先だけにならないように、一歩一歩この道を歩んでいきたいと思っています。

# by nakadateshika | 2017-10-13 08:06 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2017年 10月 02日
腎臓様様
e0273912_1836775.jpg昨日は、町内会のお掃除当番でした。某所ではゴルフコンペが行われていたようですが、今年は残念ながら欠席し 町内にあるウォーターハザードの整備にあけくれていました(泣)

その夜、土竜先生オススメのNHKスペシャル「人体」にチャンネルを合わせると、人体のお掃除番長である”腎臓”が特集されていました。いままで腎臓というと、尿を作るためのものと思い込んでいました。しかし実際には、老廃物を捨てるだけでなく 必要な栄養素を再吸収することで血液の成分調整を行ったり、心臓からのメッセージに応じて 血圧や赤血球量のコントロールもするなど、いわば血液コンダクターとして重大な役目を果たしている、まさに肝腎かなめの臓器であるということがよくわかりました。

先日の健康診断では、尿酸値が基準値オーバーで「要受診」となっていましたが、日頃から酷使している腎臓に、あまり負担をかけないような食生活を心がけていきたいと思っています。

# by nakadateshika | 2017-10-02 07:28 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)