2017年 12月 28日
仕事とは
e0273912_816273.jpg「陸王」を見ていて、仕事とは何か?ということを改めて考えさせられました。仕事を意味する言葉は、欧米では「job・labour・travail・arbeit」など元々は苦役や罰、さらには拷問の道具という意味を持っていたようです。一方日本では、「仕+事」:学問や技術、道徳を修めた人(士)が人の側に寄り添い支えること、つまり 他人のために動き、仕えることという意味だそうです。アトランティスとこはぜ屋は、そういった「仕事」に対するスタンスの違いが見事に対比されているように感じました。

人(患者さん)に、しっかり寄り添えたのかどうか?

昨日で今年の診療は終了しましたが、1年を振り返ってみるとまだまだ足りないなところが多かったように思えます。仕事には苦難はつきものではありますが、そもそも仕事とは何だったのかを忘れずにまた来年も頑張りたいと思います。

by nakadateshika | 2017-12-28 07:39 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)


<< フランケンシュタインの誘惑:欲...      陸王 >>