<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2017年 05月 26日
顔が見えるセミナー
e0273912_554505.jpg先週末は、(第二期)もぐら塾の2回目でした。今回から会場が変わり、少しコンパクトな部屋になったことでお互いの距離感が近くなりました。また照明をつけたままでのプレゼンテーションが可能だったので、終始お互いの顔がよく見えて、より一体感のあるセミナーでした。

各地で猛暑日が記録されましたが、天候と同様 受講生ケースプレも白熱しました。生まれも育ちも違う先生方が集まっているセミナーですが、ケースプレの内容からその顔がよく見えてきます。講義を聴くことも大事ですが、自分の症例に対して塾長から直接ご意見をいただくということが何よりも自分のためになるということを、受講生の先生方も痛感されていたようです。

講義の中ではなんといっても、55年にわたる長期経過症例が最大にして最高の山場でした。今回「臨床診断」について調べ 自分なりにも考えてみましたが、客観的かつ絶対的な診断というものが存在しない歯科の「臨床診断」においては、経過観察こそが何よりも重要であることを改めて感じました。
診断について考えることは、医療の本質を考えることであると言われています。しかしそれは、精密なデータによって組み立てられた科学的で画一的な診断法や治療法を探し求めるというようなものではなさそうです。それよりも、1人1人の患者さんと長期に向き合った長編ドラマをみながら、それぞれの答えをそれぞれが考えることでしか見えてこないのではないかと感じています。そういう意味で、もぐら塾には最高の教材があり、自分が歩むべき道筋を考える最高の学び場であると思います。

by nakadateshika | 2017-05-26 05:27 | Comments(0)
2017年 05月 14日
休日当番
e0273912_6465219.jpg今日は、休日当番です。先日は休日当番のありがたみを心底感じたので、今日はより一層頑張りたいと思います。
ちなみに、2年程前から救急センターが城東に移転していますのでご注意下さい。

・・・・・・
結局、急患来院されたのは13名でした。前回は年末ということもあって80名近かったので、同じ急患当番でも雰囲気は全く違いました。最近は日曜診療をしている診療所もあるので、救急を受診される方は大分減っているようです。
ただそのおかげで、患者さんとの対応には充分時間をとることができました。”診断”という行為について頭の片隅におきながら対応していましたが、たとえ一歯単位の問題であってもどこまで介入するのかを判断するうえで、その場(日)限りの関係性という縛りが とてももどかしく感じられました。硬組織疾患・慢性疾患・個別性という特性を持つ歯科疾患では、患者さんとの継続的な関係性という要素がとても大きいということを改めて感じた一日でした。

by nakadateshika | 2017-05-14 06:47 | お知らせ | Comments(0)
2017年 05月 06日
痛すぎるGW
e0273912_1792212.jpg風邪をこじらせて、急性咽喉頭炎になってしまいました。とにかく喉の痛みが強烈で、水はおろか、唾を飲み込むのも一苦労といった状態でした。救急で咽頭部の写真を撮ったところ目をそらしたくなるぐらいの凄まじい腫れでかなりショッキングでしたが、画像の説得力というものを身を以て感じました。薬のおかげで痛みもだいぶ軽くなってきましたが、GW中にやろうと思っていたことがそのまま持ち越しになってしまったのは、かなりの痛手です。。。

by nakadateshika | 2017-05-06 17:26 | 社会・生活 | Comments(0)