2016年 10月 12日
Deep overbite
e0273912_834338.jpg
昨日の火曜会は、2症例ともに欠損歯列の話題でした(surechigaiとdeep overbite)。いずれも自分にとっては身近なテーマであっという間の3時間でしたが、deep overbiteの症例では schweitzer先生の本と瓜二つの写真(関節リウマチを示す手の写真)があり、特に興味深かったです。咬合力や年齢など相違点もありましたが、(垂直的・水平的)顎位の設定や咬合平面是正の難しさなど共通点も多いように感じられました。Deep overbite症例はそれほど頻繁に遭遇することはないですが、集めて・並べて・較べてみると何かが見えてくるかもしれません。

by nakadateshika | 2016-10-12 06:44 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< もくあみ事後抄録から      夏目漱石の妻 >>