2016年 12月 22日
なんかよう会2016
e0273912_8492983.jpg昨日は、今年最後のなんかよう会でした。会場の丁度対面にある噂の喫茶店にて、絶品リゾットをお腹一杯平らげた後だったので居眠りが心配でしたが、deep overbite・前後すれ違い・左右すれ違いと こちらもお腹いっぱいの内容で とても勉強になりました。最後に集合写真を撮りましたが、オブザーバーの先生も含めると総勢20名。なかなかの大所帯です。

”科学は人間によってつくられるものであり、討論の中から生まれるものである”
31歳の若さでノーベル物理学賞を受賞したハイゼンベルクは『部分と全体』の序文でこのように述べていますが、集まる人の種類によって討論の中身も大分変わります。火曜会での討論のように 何かあたらしい考えを生み出す、というのはなかなか難しいですが、火曜会の先生方の臨床にどうすれば近づけるのか?といった悩みを共有し 討論することは、とても刺激になりますし、そこから学ぶことも少なくありません。人数オーバーで追い出されないように、来年もがんばりたいと思います。

by nakadateshika | 2016-12-22 07:14 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< 野生の思考      メモ >>