2016年 12月 18日
既存顎位で対応した長期経過症例
e0273912_85472.jpg最初のセクションでは、咬合再構成を行わずに既存顎位で対応した2症例を提示していただきました。ともに20年以上にわたる長期経過症例でしたので、deep overbiteの経過について、またdeep overbiteに対する介入の是非を検討するうえで極めて重要なパートになるだろうと考えていました。

Deep overbiteの視点から
成り立ち :Ⅱ級2類タイプ
力(加圧):強い
咬合(受圧条件)
case1:大臼歯咬合支持あり(右側は喪失)
case2:大臼歯部咬合支持なし、左右的偏在傾向あり

長期経過からみえてきた変化として、アーチフォームの変化(U字→V字)、アンチモンソンの進行、咬耗、顎位の低下などが共通していました。また臼歯部欠損に対して、case1では移植(経過対応でインプラント)、case2では義歯、とそれぞれ異なった対応がとられていましたが、いずれも大崩れすることはなく前歯部は守られていました。(あくまで推測ですが)的確に臼歯部咬合支持を回復されていたことに加えて、前歯部咬合支持が保たれていたことや 顎位の左右的ズレがなかったことが、比較的穏やかな経過の一因になっているのではないかと感じました。

このパートのまとめ
 1)顎位(歯列)の変化
   ・下顎後退の可能性
   ・下顎前歯部の挺出
   ・U字からV字へ
 2)欠損の進行
   ・欠損進行のリスクはあまり高くない
   ・すれ違いへの流れはそこまで強くない
   ・前歯部はあまり失われない
 3)欠損への対応
   ・小臼歯部の咬合支持が重要
   ・移植やインプラントも有効
   ・義歯で対応できるケースも(改変の見極め)

by nakadateshika | 2016-12-18 08:14 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< メモ      介入の時期と程度 >>