2017年 02月 07日
もくあみ会2017・概要
e0273912_8253024.jpg歯科臨床においても、治療方針には様々な選択肢があります。パイロットのような緊急性や即応性が求められることはあまりありませんが、症例によってはその選択に迷うことも少なくありません。
”ひと・くち・は” さまざまな要素が絡み合う歯科臨床において、絶対的な正解というものは存在しないとは思いますが、その判断の妥当性について自分自身で冷静に振り返ることや、先輩・後輩からの客観的なご意見を頂くことはとても有意義なことだと思います。今年は全てケースプレということもあって、若手からベテランまで多くの先生方にご発表いただきます。いくつかのセッションで進行を務めることになっていますので、演者の先生方の悩みや思いをできるだけ引き出せるよう努めたいと思っています。

by nakadateshika | 2017-02-07 07:45 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< もくあみ会を終えて      ハドソン川の奇跡 >>