2017年 02月 20日
合同勉強会
e0273912_1962943.jpgこの週末は、救歯会若手の先生方(+α)となんかよう会との合同勉強会に参加しました。若手中心といういうこともあって、前夜祭では4症例、(その後3時過ぎまで続いた懇親会を挟み)2日目はランチオンケースプレも含め10症例という超ハード!なものでした(1症例あたり45分程度)。まさにケースプレマラソンといった様相で終わるころには頭がバーストしそうでしたが、奇跡的なことに途中で寝ることなく最後まで完走しました。

元を辿れば歯科界のレジェンドK&Kの流れをくむ両グループですので、考え方に共通するところが多くディスカッションが噛み合い、とても盛り上がりました。お互いのケースやコメントを較べてみると、欠損歯列のみかたや補綴設計、顎位への考え方などについては少し異なる部分もありました。ただ、お互いの相違点を意識することで、グループ内ではコンセンサスが得られているものとしてスルーしてきたことについて、その意味するところを改めて考え直すとても良い機会となったのではないかと思います。
また自分よりも若手の先生方の発表やコメントが素晴らしく、とても頼もしく感じられました。

3年前にも一度合同勉強会を行っていますが、前回よりも色んな意味で距離が縮まって より充実した議論ができたのではないかと思います。折角の機会ですので、できれば今後も継続していただきたいなと感じました。
また、夏にはKDM若手会との合同勉強会も予定されていますので、そちらも楽しみです。

by nakadateshika | 2017-02-20 18:44 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< 静岡分館(準備中)      もくあみ会を終えて >>