2017年 06月 25日
ANOTHER STORY
e0273912_8145.jpg前日の夜
K先生「ご来賓の方々のスライドを
    少し調整してみてくれない?」
N  「はい!わかりました。スライドサイズは
    どうしましょうか?」
K先生「そりゃ、当然ワイドでしょう。」
N  「ちなみに、会場のスクリーンって
    どんな感じなんですか??」
K先生「・・・・・・」

その後の雰囲気についてはご想像にお任せしますが、今年一番の冷や汗をかいたことは間違いありません。ワイドスクリーンの新品購入も頭にちらつきましたが、価格は20万以上で、納期も間に合いそうにないため、あえなく断念。。。やはり残された道はレンタルしかない!とネット検索を続けていたところ、”APEX”というどこかで聞き覚えのあるような名前の会社がヒットしてきました。すでに営業時間外で在庫確認もできませんでしたが、それ以外に方法はないため、祈るような気持ちで登録し翌朝を待ちました。普段はベッドに入ると、のび太並のスピードで入眠できるのですが、さすがにこの夜はなかなか寝付けませんでした。

当日朝
翌朝、レンタル会社から待ちわびた電話連絡が来ました。かなりドキドキでしたが、貸し出しOKです!との言葉にホッと胸をなでおろしました。早速K先生に確認したところ、搬送の手配までしていただき、ようやく目処が立ちました。ただ、搬送・組み立て・設置に関しても未経験だったので不安一杯でしたが、東京技研のW会長はじめ技工士の方々など多くの先生方のお力添えもあって、あっという間に立派なスクリーンが組み上がり本当に助かりました。

開演前に実はこんなANOTHER STORYもありましたが、皆さんのご協力のおかげで無事、本家「ANOTHER STORY」の幕が上がりました。

ANOTHER STORY
1時間余りではとても収まりきらないほどの重厚な内容でした。これがたったお一人のライフヒストリー?と俄に信じられないボリューム感でしたが、それだけ人並み外れたバイタリティをお持ちであるということを改めて感じました。
ちなみに「story」と「history」の語源は同じで、ラテン語のヒストリアだそうです。その意味は、”事実の探求により得られる知識や学び、その歴史”ということですが、今回のお話は、スキーやヨット、旅行に写真など、多種多様な対象へのあくなき探求の歴史が満載で、その一つ一つの歴史や物語、そしてそこに関わった方々との出会いが、K先生を形作ってきたということがとてもよくわかりました。
また出席者特典として、今回のスライドがすべて入った贅沢な事後抄録が配布されました。1週間程前にK先生が発案されたものですが、短期間に製作されたとは思えない完璧な仕上がりで永久保存版間違いなしです。

by nakadateshika | 2017-06-25 10:56 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< 愛か捨か      何でもみてやろう >>