2018年 03月 27日
基本ゼミ2018〜深は新なり古壺新酒〜
e0273912_13464543.jpg先週末から、新年度の臨床基本ゼミが始まりました。全体を振り返ってみると、「新」に満ちあふれた二日間だったと感じました。

1.日々是新(エトバス・ノイエス)
”近ごろの若い人々には、どうもマニュアル人間が多いようです。どんな世界でもそうですが、人と同じことをやっていたのでは、世の中に革命は起こりません。個性を大いに伸ばして、あらゆることに好奇心をもって、何か新しいこと、ちょっとおもろいことを始めて欲しいものであります。仮に失敗しても若いうちは、むしろそれは財産になります。かけがえのない宝になります。失敗を覚悟で人と違ったことを「やってみなはれ」と言いたいのです。”(佐治敬三

金子先生も敬愛する佐治敬三さんのお言葉ですが、オリエンテーションでお話されたご自身の歩みは、まさに日々是新の連続であったのではないかと思います。全顎補綴、口腔内写真に纏わるヒストリーは、そのまま現代に転用できる話題ではないのかもしれないですが、新たなものに挑戦し、それによって生じる問題点に全力で対峙されてきた悪戦苦闘の歴史、その姿勢からは学ぶことばかりです。

2.深は新なり
2008年に基本ゼミを受講し、歯ってこんなに残せるものなんだ!と心の底から驚いたことを今でも覚えています。あれから10年、千葉先生のお話を聴いて、その臨床の奥深さに改めて衝撃を受けました。”観察とは、物事の真の姿を間違いなく理解しようとよくみることである。(広辞苑)”
講義の最後に、「観察」することの重要性とその面白さについてのお話がありました。1枚のデンタル、1本の根管、そして1本の歯。その一つ一つの処置へのこだわりとクオリティの高さが「深は新なり、深は真なり」の礎であるということを実感するとともに、自分の至らなさを反省した次第です。

3.新進気鋭
今年度から新たに、関口先生が講師に加わりました。年齢は僕より数年上ですが、見た目も若く色々とアクティブな先生なので、いつも刺激を受けています。今回はマイクロの動画を使った講義でしたが、とても綺麗でビックリしました。

4.古壺新酒
「古壺新酒(ここしんしゅ)」は、高浜虚子が俳句のスローガンとして掲げていた標語です。”古い形式(伝統)を守ったうえで、そこに新たな発見や感動を加えていくことが俳句のあるべき姿である。”
歯科臨床も時代とともに移り変わりが激しい世界ですが、臨床の基本を大切にすること、そしてそれを礎として、自分なりに新しい何かを発見していくことの大切さを改めて感じた二日間でした。そしてまた、基本ゼミという壺に新たに入られた先生方とともに、その熟成度を高め合うことができたら良いなと思っています。

by nakadateshika | 2018-03-27 07:32 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< ミクロとマクロ      寒くて熱かったもくあみ会 >>