2018年 05月 28日
伝わるプレゼンテーション
e0273912_12584142.jpg先週末は、第3回臨床基本ゼミに参加しました。

前半戦(一日目と二日目の午前)は須貝先生の講義で、咬合誘導・う蝕のテーマが中心でした。しかし子供への対応だけでなく、(小児から高齢者まで)あらゆるライフステージに対応できる幅広いスキルを身につけることがGPには必要である、ということをお話していただきました。近年の歯科界は益々専門化が進んでいるようにも感じますが、「世代を超えて患者さんと向き合う」ことが、歯科臨床の独自性であり本質であると考えた時、少なくとも基本的な技術と知識は幅広く持っておかなければならないと改めて感じました。受講生にもその思いが充分伝わったようで、懇親会では須貝先生の講義に対する絶賛の言葉が相次いでいました。

最後のパートは、「画像管理と画像調整」というテーマでお話する機会を頂きました。「最終ケースプレで伝わるプレゼンを行うために必要なこと」をお伝えするための時間だったはずなのですが、残念ながらその反面教師になってしまったようです。須貝先生の「伝わるプレゼン」とはまさしく好対照でしたが、その違いから感じたことはプレゼンには何よりもリアリティが必要だということです。デジタル画像で魅せることも大事な要素ですが、実際の臨床記録から感じたこと・考えたことを聞き手に伝えたいという真摯な思いが、何よりも重要だと痛感しました。

「失敗こそが最高の師」

このところ、プレゼン関係は空振り続きで些か憔悴気味ですが、マスターヨーダの言葉を胸に少しずつでも成長していきたいと思っています。







e0273912_6554211.jpg

by nakadateshika | 2018-05-28 12:58 | 勉強会・講演会 | Comments(0)


<< 歯っぴーふぇあ      騒音対策 >>