2018年 07月 27日
理路整然
e0273912_7595078.jpgK先生とHさんのご厚意で、石原先生の論文(復刻版)をいただきました。この論文を自分なりにまとめてみると、その理路整然とした構成に改めて驚かされます。時代的な考え方の違いというものは確かにありますが、咬合という難しいテーマを理解するためにはとても役に立ちそうです。



e0273912_7421793.jpg

by nakadateshika | 2018-07-27 07:42 | 歯科臨床 | Comments(0)


<< Progress      目的と手段 >>