2018年 07月 09日
臨床歯科を語る会2018
e0273912_8224913.jpg今週末は、臨床歯科を語る会に参加しました。前夜祭に始まり、新人発表・分科会・全体会に夜の部屋と、文字通り朝から晩まで臨床歯科について語り、語られる3日間でした。

”医学に関する最も素晴らしいことの1つは、その連続性である。医者たちは、他の医者によって育てられる。すなわち、先輩医師は後輩医師の血肉の一部となり、その遺伝子は脈々と受け継がれていくのである。”(E.J.キャッセル)

ある歯科医師が臨床で経験した物語、その物語を積み重ねて綴られる歯科医師としてのヒストリーから学べるものは、教科書とは比べものになりません。新たな発見を追い求めるチャレンジ精神、トラブルをも楽しむバイタリティ、そして何よりその美しい補綴臨床に魅せられて、金子先生を真似て歩きだした先生方は数多いのではないかと思います。

夢と汗と涙に溢れた補綴臨床60年。時代は変わり、歯科を取り巻く環境も大分変わりはしましたが、その歩みに感化され、心の蝋燭に火を灯された次世代の歯科医師たちが、また新たな60年を作っていかなければなりません。僕もその一人になれるよう、細い蝋燭なりに頑張っていきたいと思います。

# by nakadateshika | 2018-07-09 08:23 | 勉強会・講演会 | Comments(0)
2018年 07月 04日
方法序説
e0273912_7543139.jpg「ワレ惟ウ、故にワレ在り」で有名なデカルトの名著、方法序説を読みました。100ページぐらいの薄い本なのですが、”学問の方法”に関して、参考になるポイントが随所に散りばめられていました。

・最も単純で、最も認識しやすいものから始めること
・即断と偏見は避けること
・難問については、小部分に分けて考えること
・最終的には、それぞれの部分を統合して考えること

これは「学問(真理探究)の4原則」だそうですが、歯科臨床にも通じる大切な考え方だと思います。
さらにデカルトは、前例と習慣を信じすぎないこと、理論よりも実践が大事であること、そしてそこから得たものを周囲に伝えることの大切さについても、繰り返し強調しています。

今週末の語る会では、金子先生による「補綴臨床60年」が披露される予定です。その歩みを振り返ってみると、その道筋はまさしくデカルト流!しかも今回は、出し惜しみなしの大盤振る舞いとのことですので、そのヒストリーから導き出された補綴臨床の真髄を聞き漏らすことのないよう、集中して臨みたいと思います。
また今回のご講演は特別に、語る会会員以外でも聴講可能です。ご興味のある方はこちらのアドレスをご参照ください。

# by nakadateshika | 2018-07-04 07:54 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2018年 07月 03日
善戦
e0273912_7341828.jpg「寝てないけど夢をみた!」
ヤフコメの巧いコメントの通り、本当に素晴らしい戦いぶりでベスト8が目前でした。僕自身はしっかり寝ましたが、衝撃的な2発でスッカリ目が覚め、その後のドラマチックな展開にも目が離せませんでした。「何かが足りなかった。。」試合後に西野監督は述べていましたが、足りないことよりも今持っている力を出し切ったことに拍手を送りたいと感じました。

# by nakadateshika | 2018-07-03 07:56 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2018年 06月 29日
リーダーの決断
e0273912_8582721.jpg負けはしましたが、何とかGL突破です。終盤の作戦に対しては非難囂々のようですが、ベスト8という目標を見据えた選択肢の中では最も現実的なものだったように思えます。メンバー選考の段階からアキラ0%などと揶揄され、批判ばかりの厳しい状況の中、自分の考えを信じ結果も残しているのは本当に凄いことだと思います。

次戦は、名前からして危険度いっぱいのアザール(Hazard)をはじめとして、ルカク・クルトワ・デブルイネと、どのポジションも超一流のスター軍団ですが、今度こそサムライスピリッツ全開で、奇跡のベスト8を祈っています。

# by nakadateshika | 2018-06-29 08:58 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2018年 06月 28日
大一番
e0273912_1756484.jpgいよいよ、大一番です。開会前のお寒い雰囲気はどこへやら。予想外の大進撃に、日本中が大いに盛り上がっています。ただ、冷静に考えると10人相手への勝利と引き分け1つ。しかも最後の相手は、EU予選の得点王(レヴァンドフスキー)を擁するポーランド。いくら敗退が決まっているとはいっても、かなりの難敵であることは間違いありません。
突破条件を確認してみると、勝てれば文句なしですが、失点をいかに防ぐのかが最大のポイントになりそうです。あまり評判のよくないGKですが、ここは汚名挽回。半端ないスーパーセーブを期待しています!

# by nakadateshika | 2018-06-28 17:56 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2018年 06月 13日
Facebookのアカウント乗っ取り
e0273912_11201277.jpgここ最近使っていなかったFacebookですが、いつの間にかアカウントを乗っ取られていました。乗っ取りまでして何故レイバンの宣伝なのかは謎ですが、気持ちが悪いのは確かです。
原因は、パスワードをあまり変更していないことも一因なのかもしれませんが、あまり多くのPWを設定すると忘れてしまうのは目に見えています。自動でパスワードを変更してくれるようなアプリもあったと思うので、何か良さそうなものがないか調べてみようと思います。

# by nakadateshika | 2018-06-13 11:20 | パソコン・Web | Comments(0)
2018年 06月 12日
知的経験のすすめ
e0273912_11524938.jpg頭だけで生きようとするから、この凝視の地獄は避けられないのです。手と足を忘れています。
分析はあるけれど、綜合がない。下降はいいけれど、上昇がない。影を見ているけれど、本体を忘れている。孔子のいうように、バクチでもいい。台所仕事でもいい。スポーツでもいい。畑仕事でもいい。手と足を思い出すことです。それを使うことです。

# by nakadateshika | 2018-06-12 11:46 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2018年 06月 11日
大谷ロス
e0273912_8335779.jpgサッカー、ゴルフにアメフトと、この所のスポーツ界はゴシップネタばかりでウンザリしていましたが、大谷選手の故障が一番のショックです。。。

「誰かがやったことをやるんじゃなくて、その上をとにかく超えていく。何か大事を成し遂げた人って、人々がムリだって言ったことに対して『いや、できる』という強い思いで、新しいものを作っていった」(S.Ohtani)

すでに新しい歴史を築いていますが、大谷選手だったらもっともっと大きな偉業を作れると思うので、今はジックリ治して欲しいです。

# by nakadateshika | 2018-06-11 08:34 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)
2018年 06月 10日
仮封セメント
e0273912_6403339.jpg某先生にオススメいただいた仮封セメントです。フジアイオノマータイプⅡLCベース用ブルー色、というやたら長い名前ですが、光硬化のため素早く固まり、賦形もしやすいのでとても便利です。

# by nakadateshika | 2018-06-10 06:44 | 歯科臨床 | Comments(0)
2018年 06月 09日
日本語の先生
e0273912_10564892.jpgこのところ、日本語の感覚が今ひとつです。そんな時は日本語の巨人、露伴師匠のお力を借りようと全集を読んでいますが、その軽妙なリズム感や比喩の巧みさ、そして何より圧倒的な知識に裏付けられた洞察力の鋭さには驚くばかりです。
ただそうはいっても明治の文章なので、真似をするのにも無理があります。そこで現代にグッと近づいて、広告界で黄金時代を築いた「サントリー宣伝部」関連の書籍を色々集め出しました。

うまい・やすい・トリス
”ウイスキー”といわずに ”トリス”とご指名ください
「人間」らしくやりたいナ 「人間」なんだからナ

どれも秀逸なモノばかりですが、なかでも開高サンのものは特に大好きです。シンプルでリズム感がよく、短いフレーズで物事の本質を突いているからです。そんな開高サンですが、過去の講演で幸田露伴のことを大絶賛していました。ともに釣り好きだから、ということもあったのかもしれませんが、どちらも大好きな先生なので、なんだかとても嬉しかったです。

# by nakadateshika | 2018-06-09 10:56 | 書籍・映画・テレビ | Comments(0)