人気ブログランキング |
タグ:スポーツ ( 16 ) タグの人気記事

2019年 06月 10日
代表デビュー
e0273912_8164575.jpg日本サッカー期待の星、久保建英選手がA代表デビューをしました。新人とは思えない落ち着きぶりで、途中出場ではありましたが、才能の煌めきを随所に見せてくれました。今回は格下の相手だったので、その真価は次戦のコパ・アメリカで問われることになりそうですが、強豪が相手でも何かやってくれそうな期待感で一杯です。

”成長し続けるために大切なのは、やっぱり気持ち”
”成長できるかどうかは、結局自分がやるかやらないか。それだけ”

好きな科目が語学系というだけあって、18歳とは思えない素晴らしいコメントです。同じ新人でも今からソワソワして落ち着きがない自分とは大違いですが、その気持ちだけは見倣って頑張りたいと思います。

by nakadateshika | 2019-06-10 08:16 | 趣味・娯楽 | Comments(0)
2019年 02月 05日
心技体
e0273912_18335962.jpgおかげさまで体調もバッチリ回復しましたので、月曜日から診療を再開しています。

凡そ柔術は如何なるものなるや。
第一 :身體の発育(体)
第二 :勝負術の鍛錬(技)
第三 :精神の修養(心)
以上三項の修業法は、隻互関連して居れるを以て、単に一つの法のみを研究すべきものにあらず(古木源之助)。

一流スポーツ選手の戦いぶりを見ていると、テニスにしても、サッカーにしても、その精神力の強さに感動します。しかしそういった心の強さが際立って見えるのは、その心を支える強靱な体があってこそ!今年は体にも、より一層気を配りたいと思っています。

by nakadateshika | 2019-02-05 18:49 | Comments(0)
2018年 07月 13日
絶対無二
e0273912_7284873.jpg宿敵であるジョコの調子が出ていなかっただけに、今度こそは!と思っていましたが、またもや負けてしまって残念無念です。

”この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし
この一球一打に技を磨き、体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球の心といふ”

(錦織選手のかつての師である)松岡修造氏が、ベスト8目前で叫んだ名言です。テニスの試合は、時には6時間以上にも及ぶ長丁場ですが、1ポイント1ポイント、一球一球を大切にする選手だけが勝ち残っていくのだと思います。先日のジョコビッチ対ナダルの5時間を越えたセミファイナルはまさに死闘したが、ファイナルセットはオンザライン、ダウンザラインの応酬で、まさにこの名言を体現していた名勝負でした!!

先日のご講演も60年という長期に渡るストーリーでしたが、よくよく見るとその一つ一つの処置のクオリティの高さに今更ながら驚かされます。しかしその積み重ねがあったからこそ、圧倒的な説得力のヒストリーができあがったのではないかと思います。言うは易し行うは難しであることは日々実感しているところですが、一つ一つの処置、一つ一つの症例を絶対無二と覚悟することが、巨匠に近づく第一歩ではないかと感じています。

by nakadateshika | 2018-07-13 07:30 | 趣味・娯楽 | Comments(0)
2018年 07月 03日
善戦
e0273912_7341828.jpg「寝てないけど夢をみた!」
ヤフコメの巧いコメントの通り、本当に素晴らしい戦いぶりでベスト8が目前でした。僕自身はしっかり寝ましたが、衝撃的な2発でスッカリ目が覚め、その後のドラマチックな展開にも目が離せませんでした。「何かが足りなかった。。」試合後に西野監督は述べていましたが、足りないことよりも今持っている力を出し切ったことに拍手を送りたいと感じました。

by nakadateshika | 2018-07-03 07:56 | Comments(0)
2018年 06月 29日
リーダーの決断
e0273912_8582721.jpg負けはしましたが、何とかGL突破です。終盤の作戦に対しては非難囂々のようですが、ベスト8という目標を見据えた選択肢の中では最も現実的なものだったように思えます。メンバー選考の段階からアキラ0%などと揶揄され、批判ばかりの厳しい状況の中、自分の考えを信じ結果も残しているのは本当に凄いことだと思います。

次戦は、名前からして危険度いっぱいのアザール(Hazard)をはじめとして、ルカク・クルトワ・デブルイネと、どのポジションも超一流のスター軍団ですが、今度こそサムライスピリッツ全開で、奇跡のベスト8を祈っています。

by nakadateshika | 2018-06-29 08:58 | Comments(0)
2018年 06月 28日
大一番
e0273912_1756484.jpgいよいよ、大一番です。開会前のお寒い雰囲気はどこへやら。予想外の大進撃に、日本中が大いに盛り上がっています。ただ、冷静に考えると10人相手への勝利と引き分け1つ。しかも最後の相手は、EU予選の得点王(レヴァンドフスキー)を擁するポーランド。いくら敗退が決まっているとはいっても、かなりの難敵であることは間違いありません。
突破条件を確認してみると、勝てれば文句なしですが、失点をいかに防ぐのかが最大のポイントになりそうです。あまり評判のよくないGKですが、ここは汚名挽回。半端ないスーパーセーブを期待しています!

by nakadateshika | 2018-06-28 17:56 | Comments(0)
2018年 06月 11日
大谷ロス
e0273912_8335779.jpgサッカー、ゴルフにアメフトと、この所のスポーツ界はゴシップネタばかりでウンザリしていましたが、大谷選手の故障が一番のショックです。。。

「誰かがやったことをやるんじゃなくて、その上をとにかく超えていく。何か大事を成し遂げた人って、人々がムリだって言ったことに対して『いや、できる』という強い思いで、新しいものを作っていった」(S.Ohtani)

すでに新しい歴史を築いていますが、大谷選手だったらもっともっと大きな偉業を作れると思うので、今はジックリ治して欲しいです。

by nakadateshika | 2018-06-11 08:34 | Comments(0)
2018年 04月 07日
目標達成シート
e0273912_43947.jpg
投手として初勝利、打者としては3日連続HRと、日本が誇る二刀流がメジャーで大暴れしています。アニメMajor(茂野吾郎)の実写版のようですが、できればこの勢いを1シーズン維持していって欲しいものです。

”一番野球がうまい選手になりたい”

渡米前の会見で大谷選手が語っていた言葉ですが、(それこそアニメの主人公が言いそうな)シンプルな目標にハッとさせられました。高校時代には目標達成シートなるものを作っていたそうですが、それをみると技や体のことだけでなく、心や人間性のことにまで目がいっていることに驚かされます。その人間性の良さはテレビからだけでも十二分に伝わってきますが、やはり周囲の人から応援されるような人間であることが成功には欠かせないということを改めて感じました。

この目標達成シートは何かと使えそうなので、自分でも試してみたいと思います。

by nakadateshika | 2018-04-07 04:23 | Comments(0)
2016年 11月 06日
答えは歴史の中にある
e0273912_7455519.jpg栗山監督のインタビューがnumberに掲載されていました。

”歴史は人間の失敗を整理してくれているでしょ。前の世代で苦しんだ人の手の打ち方には必ずヒントがある。知識が増えれば組織は豊かになるからね。いつも、誰か(歴史上の偉人)が降りてきてくれないかなと思っているよ(笑)”

「ネクストバッターズサークルの策」はちょっと出来すぎでしたが、今年のCS・日本シリーズでは、大谷選手の起用法が命運を分けたことは間違いありません。その用兵術には歴史から学んだ知識も多分にあるようですが、その知識を実際に活用する決断力と実行力があるからこそ、素晴らしい結果に結びついたのだろうと思いました。
今年は、大河ドラマは赤の真田丸、野球は赤の広島カープと思っていましたが、よくよく考えてみると真田幸村も家康の首を獲る寸前で討ち死にしているわけなので、奇しくも同じような結末になったと思えなくもありません。

by nakadateshika | 2016-11-06 07:45 | Comments(0)
2016年 06月 17日
記録と記憶
e0273912_744627.jpg”小さいことを積み重ねることが、とんでもないところに行く ただひとつの道”
”言葉とは「何を言うか」ではなくて、「誰が言うか」につきる。その誰がに値する生き方をしたい”
”努力をすれば報われると本人が思っているとしたら残念。第三者が見ていると努力に見えるが、本人にとっては全くそうではない、という状態にならなくてはならない。”

もはや、スポーツ選手というより 悟りを開いた禅師の言葉のようで、どれも心に響く名言です。記録に対してケチをつける無粋な人もいるようですが、素晴らしい記録であることに疑問の余地はありません。文字通り、記録にも記憶にも残る偉大な選手だと思います。

by nakadateshika | 2016-06-17 07:44 | Comments(0)